多汗、代償性発汗が遺伝しませんように

2歳の娘に胸元を触られ、「ママ、なんか濡れてる」と言われました。

いつか、自分の母が汗かきで、普通の人とは違う身体だということに気付く時が来ると思います。隠せるものなら隠したいです。

でも女の子は色々見ているし、近い距離の関係だから気付くと思うので、無理な気がします。

 

代償性発汗持ちでも妊娠も出来るし、子供も育てられています。

妊娠中からの心配事はたくさんありました。

 

娘に多汗が遺伝しないか。

 

遺伝して、私と同じように嫌な思いをしないか。

 

代償性発汗で体温調節がうまく出来ない母体の中で育って、何か障がいが出ないか。

 

私の汗を気持ち悪いと思わないか。

 

私の汗に友達が気付き、バカにされないか。

 

子供のイベントに普通の人のように参加できるのか。

 

自分ひとりでも行動が限られることがあるのに、子供を育てていけるのか。

などなど。

 

 

妊娠ってとても幸せなことなのに、こんな余計なことを考えていました。

こんなことを考えて出産したのは申し訳ない。

こんな思いが今あるのも申し訳ない。

 

 

幸いなことに娘は元気に生まれ、健康に育っています。

心配していた娘の汗の状態は、まだ分かりません。

 

身体がしっとりしてることもあるし、頭に汗をいっぱいかいていることもあるけど、子供は汗かきだからなのか、それとも何か影響してるのか、この先どうなるのかとても気になっています。

 

どうかどうか遺伝していませんように。

 

汗に悩まされない人生を。

 

娘には幸せな人生を送ってほしい。

 

健康で幸せでいてほしい。

 

親なら当たり前に思うこと。

 

 

私の願いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です