多汗 代償性発汗 職業の選択

代償性発汗持ちの身体の私は、汗のことを気にして職業、職場を選択しました。

ETS手術前の手汗状態でも職業の選択の自由はなく、手の汗が影響する仕事は選択できませんでした。

手術をした当時はウエイトレスをしていましたが、手汗がある状態だときれいに磨き上げたグラスに自分の手汗が水滴のように付いたり、布ナプキンを折る時に手汗が付いたり、仕事に支障を感じることがありました。

 

手術後は、汗で制服が濡れてしまい、お客様の前に立てる状態ではない時があり、退職しました。

 

現在はオフィスワークです。

転職時に気にしたのは、制服。

汗が目立たない制服であるか。

それから、勤務地。

電車はNGなので、車で通える範囲。

そして、外出のない仕事。

内勤で空調が効いている職場。

 

やりたいと思う仕事や条件の良い仕事もありましたが、身体のことを考えると私が出来る仕事には限りがあります。

 

今の会社は手術後から勤め始めていて、通いやすい場所ではありますが、あと数年で都内へ異動になると思います。

異動になったら、都内まで通うことはできないので退職しようと考えています。

無責任な働き方だとは思いますが、代償性発汗の身体では仕方がないんです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です